初節句

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜初節句

初節句は、子供が生まれてからの初めての節句です。赤ちゃんの健やかな成長を祝い、今後の無事な成長と厄除を願い、男の子は5月5日の端午の節句、女の子は3月3日の上巳の節句になります。

 

スポンサードリンク

節句の由来

節句の「節」は、季節の節目もことです。もとは「節供」という字で、「供」は神様にささげるお供え物を意味します。

節句とは、節目とまる特別の日に神様にお供え物をささげて、人を集めて共に食事を行うのが習わしでした。子供達の魔よけの行事でもあるのです。

現在では、祖父母や親類などが集まり、赤ちゃんと共に皆で楽しく会食したり、過ごすことが目的にもなっています。子供達の記念の日ですから、楽しく心に残る日にすることが大切です。

初節句をお祝いする時期

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜初節句

初節句は、赤ちゃんが生まれた後の最初のお節句の日にお祝いします。赤ちゃんの生まれた日によって日は異なります。例えば、1月生まれの男の子は4ヶ月前後で初節句を祝い、6月生まれの男の子なら1歳近くなってから初節句を迎えるのです。

誕生日と初節句が近い場合は、翌年に初節句を祝ってもかまいません。

お節句の日の数週間前から、人形などを飾ります。節句当日には、祖父母や親類などを招待して、子供の成長をお祝いする祝宴を行います。

初節句の招待客

現在では、あまり親類などを招いて盛大な祝宴を催すことはあまりありません。祖父母と両親、赤ちゃんだけで食事するケースが多いです。特に親しい親類以外は、初節句に招待しなくても失礼ではありません。

初節句に招待された場合

すでに出産祝いなどの贈り物を贈っていたら、手土産程度の花やお菓子などでよいでしょう。親族でお祝いを贈っていない場合は、人形などや現金を贈るのが一般的です。

仲人は初節句の招待の有無に関係なく、通常お祝いを贈ります。

初節句のお祝い

昔から、鯉のぼりやひな人形などの飾り物は、母方から贈るものとされていました。しかし、飾り物も高価な品です。今では母方だけで負担せずに、両家で分担してまかなうケースも珍しくありません。

両家で相談して、納得できる購入方法を決めれば、特に母方から贈るというこだわりは必要ありません。

初節句のお返し、内祝い

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜初節句

初節句では、特にお返しをする必要はありませんが、来て頂いた方に御礼の手紙を出す心遣いは必要です。

初節句に招待した方には、内祝いをする場合が多いようで、手土産の形式で、砂糖、石鹸、鰹節などが定番品です。

お祝いの品の表書きは「祝御初節句」「初節句御祝」、内祝いには「御礼」「初節句内祝」と子供の名前を書きます。

スポンサードリンク