赤ちゃんの命名(名付)

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜名付

赤ちゃんの名付けは、親の最初の仕事です。いっぱい悩んで、心を込めて名付けましょう

 

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの命名(名付)

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜名付

親ではなく、仲人や尊敬する人、親戚、神主、僧侶、牧師、占い師など、赤ちゃんの名付けをしてもらう人を「名付け親」といいます。

名付け親を頼む場合でも、最終的に決めるのは両親です。親類や親の意見をきかなければならない場合もあるでしょう。例えば、名付け親にいくつか候補の名前を選んでもらい、その中から選んだり、または両親がいくつか名前を考えて、おじいちゃんたちに選んでもらってもいいでしょう。

子供の名前に使用できない字

赤ちゃんの名付けには、戸籍法によって名前に使えない文字や記号があります。名前は自由に決めることができますが、使用できない文字の名前は受け付けてもらえません。

ひらがな、カタカナは全て使用できますが、数字は漢数字のみです。

漢字の読み方に制限はありません。法律上では辞書にある読み方以外でも認められています。例えば「拓哉」を「ゴロウ」と読ませることもできます。

しかし、あまりに奇抜すぎると、常にふり仮名や読み方を説明しなければなりません。個性的な名前をつけたいもの親の愛情かもしれませんが、名前は一度つけると、よほどの事情がある限り改名することはできません。

子供が困らないように、普通に読める名付けをすることが賢明ではないでしょうか。

赤ちゃんの名付けのポイント

呼びやすいか

書きやすいか

正しく読めるか

姓とのバランス、姓との区別はつくか

悪いあだ名にならないか

奇抜すぎないか

漢字の意味は間違っていないか、など

スポンサードリンク