お食い初め

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜お食い初め

お食い初めとは、子供が一生食べ物に困らないことを願って、赤ちゃんに物を食べさせる儀式のことです。お食い初めでは、赤ちゃんは初めてお乳以外の物を口にします。

 

 

スポンサードリンク

お食い初めの歴史

お食い初めの儀式は平安時代からあったようです。「お食い初め」という言葉は室町時代に出来ました。「河海抄」に記録されています。

時代によってはお食い初めではなく、「百日の祝い」「まなの祝い」といわれました。

お食い初めはいつ行うか

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜お食い初め

通常、お食い初めは赤ちゃんが生まれてから百日目に行います。地方によっては百十日目、百十二日目に行います。

今では、ちょうど百日目に行わず、その前後の都合の良い日に行うことが多いです。昔はこの頃に産着からベビー服に着替えていました。これを「お色直し」と呼び、お祝いする地域もあります。

お食い初めの招待客

今では多くは両親と赤ちゃんだけ、または両家の祖父母を招いて、そんなに盛大には行わないようです。

お食い初めに必要なもの

お食い初めは、子供が一生食べ物に困らないようにとの祈りを込めてお祝いする行事です。また同時にこの頃歯の生える赤ちゃんもいます。物が食べられるほどに成長したことを神棚やご先祖様に報告する意味もあります。

お食い初めの儀の道具はこの日に新調するのが習慣でした。全てを新調しなくても、お膳、おわん、箸は新しいものにするのが望ましいとされています。正式には、お膳は紋付で男の子は朱塗り、女の子は外側が黒塗りで内側が朱塗りです。

現在では、お食い初めを機会に、その後に使用する食器を新調します。例えば、おわんの変わりにベビー食器、お膳の変わりにベビーラックなど。ベビーラックはとても便利です。

お食い初めの料理

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜お食い初め

お食い初めの正式な料理のお膳は一汁三菜です。お赤飯、尾頭付きの鯛、鯛か鯉のすまし汁、煮物、香の物です。香の物には梅干と小石が添えられました。石は歯固めの石、梅干はシワがいっぱいになるまで長生きすることを願っての意味が込められています。

今は正式なお膳や料理を用意することはあまりありませんが、お赤飯、鯛、お吸い物をそろえただけでも格調高いものとなります。

お食い初めの祝い方

お食い初めの儀では、赤ちゃんのための祝い膳を用意して、料理を食べさせる真似をします。食べさせる真似をする人に決まりはありませんが、長寿の人にあやかる意味で、祖父母や年配の人が行います。

男の子には男性が、女の子には女性が料理を食べさせる真似をします。

ベビー食器のセットに野菜スープなどの、赤ちゃんが食べやすい料理を入れて代用することもあります。

お食い初めでは、食べる真似で十分です。本当に食べなくてもよいのです。

お食い初めの贈る品

昔は、お食い初めの時に母方の実家からは祝い膳一式を贈りました。その名残で、現在ではお食い初めのお祝いに、ベビー食器や離乳食の調理セットなどを贈ることがあります。

お食い初めのお祝いの表書きは「祝御食初」、「御初膳御祝」「箸そろえ」などと書きます。

父方からお祝いを贈る習慣はありませんが、お食い初めに招待されたら、食事代程度の現金を包む心遣いは必要です。

スポンサードリンク