お宮参り

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜お宮参り

お宮参りの服装、内祝い、初穂料、参拝方法など。お宮参りは、赤ちゃんが華やかな祝い着を掛けて、生まれてから最初に氏神様に参拝する行事です。産土神様に、赤ちゃん誕生の報告と健やかな成長をお祈りします。

 

スポンサードリンク

お宮参りの時期

お宮参りは、一般的に男の子は生後31日目、女の子は32日目に行います。出生地または住んでいる地域の氏神様にお参りします。

地域によっては、生後7日目のお七夜や、お食い初めに行うなど、いろいろですので、その地域の習わしに従いましょう。

また、暑い時や寒い時、気候が厳しい季節に無理に外出しなくても大丈夫です。母子の健康状態や都合に合わせて、形式・日数にこだわらず、天気が良くて外出に適した日をお宮参りに選びましょう。

お宮参りの服装

お宮参りの赤ちゃんの服装は、華やかな「祝い着」で、背縫いの無い、一つ身と呼ばれる着物です。最近ではレンタル衣装や、普段にも使用できる、ベビートレスにケープを掛けたものが人気です。

着物では、男の子の祝い着は、黒羽二重の五つ紋付で、鷹や鶴などのおめでたい熨斗目模様、女の子はちりめんの五つ紋付で、花柄などの友禅模様です。

祖母や母親は、以前は黒留袖と決まっていましたが、現在では無地の一つ紋や小紋、訪問着やスーツ、ワンピースなどが増えています。父親はダークスーツが一般的です。

お宮参りのお祝いと内祝い

お宮参りのお祝いは、特にする必要はありませんが、贈る場合はお菓子やおもちゃ、現金では三千円〜五千円を贈ります。

内祝いは、お赤飯にかつおぶしなどを添え、お宮参りの後の会食後に差し上げます。原則として、お宮参りの内祝いは当日にお返しします。

ホテルなど外で会食をする場合は、クッキーにかつおぶしなどを添えます。内祝いの予算は二千円から三千円くらいです。

祝詞奉上・初穂料

お宮参りは、神社の社務所で申し込めば、祝詞をあげてお祓いし、お守りを授かることができます。家族でお賽銭をあげてお参りするだけでもかまいません。

神社へのお礼は、料金を掲げているところもあります。規定の料金が無ければ、三千円〜一万円くらい、表書きは「玉串料」「御初穂料」とします。事前に問い合わせておきましょう。

お宮参りの方法

お宮参りでは、父方の祖母が華やかな祝い着を掛けた赤ちゃんを抱き、両親はその後ろで参拝します。これは昔の名残でお産がけがれたものと考えられていたからです。地域によっては、母親が産後に無理をしてはいけないと、母親がお宮参りに参加しないところもあるようです。家族の都合によっては、母方の祖母や父親が赤ちゃんを抱いてもかまいません。

お宮参りの仕方は、最初に神社の入り口にある手水舎で手と口を清めます。そして社殿の前でお賽銭をあげて鈴を鳴らします。その後二回おじぎをして、二回拍手を打ち、一回おじぎします。これは「二拝二拍手一礼」という正式な参拝方法です。寺院では鈴を鳴らして拍手を打たずに合掌します。

スポンサードリンク