雛祭り

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜雛祭り

三月三日の雛祭りには、女の子と幸せを祈り、健やかに育ってほしいとの親の願いを込めて雛人形を飾ります。女の子が生まれた家庭では、子供の成長のお祝いとしての記念日でもあるのです。

 

スポンサードリンク

雛祭りの由来

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜雛祭り

雛祭り、桃の節句は五節句の一つにあたる「上巳(じょうし、又はじょうみ)」の節句と呼ばれていました。

上巳の節句には、紙でできた人形を川に流して汚れを流す行事で、今でもこの風習が残っている地域があります。

雛祭りの祝い方

雛祭りの主役はお雛様です。豪華な段飾りのお雛様でなくても、お母さんの手作り雛も、子供にとっては立派なお雛様です。紙や粘土、布などを利用して、子供達とお雛様を作るのも楽しいものです。

お雛様と一緒に、桃の花や菜の花、菱餅、ひなあられや白酒をお供えします。

雛祭りの料理は、ちらし寿司と蛤のお吸い物が定番です。貝の料理の由来は、蛤は女性の貞操を表わすことや、二枚貝は夫婦円満の象徴であるからだといわれています。

他には春らしい素材を使った野菜の煮物やお造りなど。

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜雛祭り

雛人形を飾る・片付ける時期

飾り物は早めに飾ることが良いとされるので、雛人形は一ヶ月前から飾ってもよいです。

3月3日が過ぎたらすぐに片付けましょう。昔は遅くまでお雛様を飾っていると、女の子がお嫁に行くのが遅くなる、と言われていましたが、最近では気にされていないようです。

スポンサードリンク