七五三

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜七五三

七五三は11月15日、子供の厄年にあたる三歳、五歳、七歳の節目に子供の健康や成長を願う行事で、神社にお参りします。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

七五三の由来

七五三はもともとは宮中や公家で行われていた儀式です。明治時代に七五三と呼ばれるようになりました。昔は数え年で男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳をお祝いしました。現在では男の子は満五歳、女の子は満三歳と満七歳を祝います。

七五三は11月15日とされていますが、この日にこだわる必要はありません。一般的には10月中旬から11月15日前後までの、都合のよい日に行きます。

七五三の服装〜着物・洋服

着物やバッグ、髪飾りなど、必要な小物類は十月中には揃えておきましょう。レンタルする場合も余裕をもって早めに決めましょう。

三歳の女の子の着物は、晴れ着の上に袖なし襟付きの被布を重ねて、髪飾りをつけます。お宮参りの祝い着があるなら、それを着物に仕立て直すこともできます。

五歳の男の子は、紋付の着物に羽織袴、白い鼻緒のぞうり、白い扇子を持ち、守り刀をさします。

七歳の女の子の着物は、本裁ち友禅の振袖、帯は抱え帯で筥追(はこせこ)、扇子を胸元に飾り、髪飾りをつけ、ぽっくりかぞうりを履きます。

洋服の場合は、入学式や発表会などにも使えるスーツやブレザー、ワンピースなど。女の子にはドレスも人気があります。

最近では記念写真撮影の時は和装、当日のお参りは洋装で、という場合も多いです。

七五三の美容院・記念写真の予約

七五三の時期には、美容院・写真館はとても混みますので、早めに予約しておきましょう。当日の写真撮影はお参りの前に行くほうがよいでしょう。子供は移動したり、長時間慣れない着物を着ていると、着崩れしたり、疲れたり、ぐずってしまうからです。

デパートや写真館などでは、着物や洋服のレンタル、着付け、写真撮影までをセットにしたプランもあります。お参りとは別の日に写真撮影をしておけば、子供の負担にもなりません。

七五三の祝い方

地域によって七五三のお祝い方は様々で、親類を招待して盛大に祝い膳をふるまったりするところもあります。ほとんどの家庭は神社のお参りのあとに、祖父母などと一緒に会食をし、内々でお祝いします。

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜七五三

料理は祝い膳にこだわる必要はありません。子供の好きな料理を作ったり、仕出やパーティー料理の出前をとるのもよい方法です。形式にこだわらず、子供の成長をお祝いする日なので、子供が喜ぶ料理を出すことが大切です。

七五三のお祝いに贈る品

七五三のお祝いのプレゼントを贈るのは、ほとんどは祖父母や親しい人たちです。子供の年齢によっておもちゃや本、文具やゲーム、また入園・入学の準備に必要な品物や三千円〜一万円くらいの現金も増えています。

着物をつくるご家庭には、バッグや髪飾り、ぞうりなどの小物を贈るのも喜ばれます。事前に子供の好みを聞いておき、早めに購入して10月中旬までには贈りましょう。

お祝いの表書きは三歳は「賀御髪置」、五歳は「賀御袴着」、七歳は「賀御帯解」になります。「祝七五三」は、どの年齢にも使用できます。

七五三の内祝い

お祝いをいただいた方には、内祝いを送ります。予算はだいたい頂いたお祝いの半額で、内祝いの表書きは「内祝」、送るときは子供の名前で送ります。11月中には発送しましょう。内祝いの品には、食器類や商品券などがあります。

スポンサードリンク