出産祝い

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜出産祝い

待ちわびた赤ちゃんの誕生は、家族や親類、友人、知人など多くの人と喜びを分かち合いたいものです。出産祝いに喜ばれるギフトや病院にお祝いにいく場合のマナーなど。

 

 

スポンサードリンク

出産祝いのマナー

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜出産祝い

母親への出産祝いには、花や口当たりの良い果物、ゼリー、ヨーグルトやチーズなどが喜ばれます。

赤ちゃんのための出産祝いの品物には、ベビー服や靴などが人気があります。育児書やタオルセットなどの実用的なものも喜ばれるでしょう。

出産祝いは誕生前に贈ることはタブーです。産後一ヶ月以内に贈ります。直接行けない場合は、宅配を利用してもよいでしょう。

一般的には、病院で出産して産後一週間は入院しています。お祝いを持ってすぐにかけつけて祝福したい気持ちは分りますが、訪問する場合は本人の気持ちを聞いておきましょう。お産疲れで、人に会うことのできない場合があるからです。

親族からの出産祝い

母方からの出産祝いには、寝具や産着など、父からの祖父母からは、現金を贈ることが多いようです。現金を贈る際は、無理の無い範囲で贈り、母方とのつり合いを考えましょう。

兄弟姉妹からの出産祝いは、友人よりも少し値の貼るものを贈ります。叔父叔母など親類からは、親しさにもよりますが、一般的には3千円〜1万円の品物を贈ります。

友人・知人への出産祝い

友人への出産祝いには、現金なら付き合いの程度にもよりますが、例えば会社の同僚の場合、三千円〜五千円程度になります。

お祝いの品は、ベビー服やおもちゃ、アルバムなど。服は生後半年から一年くらいの間に着れるサイズがいいでしょう。赤ちゃんに兄弟がいる場合、その子のおもちゃなどを用意しておく気遣いも大切です。

親しい友人には、本人に希望の品を聞いておくのもよいですね。出産には費用がかさみますから、実用的な品を贈ると喜ばれるでしょう。例えば、哺乳瓶セットや離乳食セット、ベビーバスなどがあります。

最近では、赤ちゃんの名前を入れたギフトも人気があります、特別オーダーして靴や写真立て、アルバム、食器、帽子などに名前を入れたものや、誕生石のベビーリングなどがあります。

スポンサードリンク