出産の内祝い

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜出産の内祝い

出産の内祝いは、赤ちゃんが誕生した喜びをたくさんの人と分かち合うものです。内祝いとは本来、内輪の喜びをおすそわけするという意味の込められた贈り物です。

 

 

スポンサードリンク

内祝いとは

内祝いとは、内輪の親しい人たちで赤ちゃんの誕生をお祝いするものです。お祝いのお返しではありません。自家の祝い事のときに、まわりの人に品物を贈って、喜びをおすそわけするということなのです。

現在では、お祝いを頂いた人に返礼をすることを内祝いと言っています。

出産祝いをもらっていない相手に出産の内祝いの品を贈ると、気まずくなりますので、カードなどで出産の報告をするだけにしておきましょう。

内祝いを贈る時期

一般的には内祝いは生後一ヶ月くらいに贈ります。お宮参りを終えて、生後二ヶ月までには済ませておきましょう。

生後一ヶ月を過ぎて出産祝いを頂いた場合は、その日から一ヶ月以内に内祝いを贈れば失礼にあたりません。

内祝いの贈り物

内祝いの定番は角砂糖やコーヒーシュガーのセットです。以前は、出産の内祝いには、鰹節か角砂糖を贈ると決まっていました。

他には、タオルセットや石鹸のセット、コーヒー・お茶の詰め合わせ、お菓子などが多いです。

赤ちゃんの名付、出産祝い、お宮参り、お食い初め〜子供のお祝い〜出産の内祝い

最近では内祝いの品選びに通信販売を利用する人が増えています。デパートやギフトショップなどに電話やファックス、Eメールで簡単にカタログの請求ができますし、忙しくても自宅でゆっくりカタログを見て選ぶことができます。

内祝いの表書きは「内祝」「出産内祝」とし、赤ちゃんの名前を書きます。

内祝いの金額

出産の内祝いの金額の目安は、送料を含めて半額です。五千円のお祝いなら二千円程度、一万円なら三千円から五千円くらいです。

スポンサードリンク