赤ちゃんの初誕生

赤ちゃんの名付け、出産祝い、お宮参り、お食い初め

初誕生は、赤ちゃんが生まれてから初めての誕生日赤ちゃんから子供になる節目でもあります。昔からの風習で「祝い餅」「力餅」と呼ばれる儀式があります。

 

 

スポンサードリンク

初誕生の祝い方

赤ちゃんが生まれて初めて迎える誕生日は、家族にとって一生の思い出になる日です。

初誕生の祝い方の決まりはとくにありませんが、昔からの風習で「祝い餅」「力餅」と呼ばれる儀式があります。地域によってさまざまですが、一升餅を子供に背負わせたり、踏ませる儀式です。和菓子屋さんでも「祝い餅」などの広告がでていたり、無くても頼むと請け負って餅をついてくれる店もあります。

餅を頼まなくても、ケーキにロウソクを立てて、料理を並べ、祖父母や親しい人を招いてお祝いしましょう。子供が1歳になった記念に、手形や足形をとったり、ビデオや写真撮影をすると、良い思い出になりますね。

赤ちゃんの生まれた日によっては、初節句と誕生日が近いこともあります。お節句のときに初誕生を兼ねてお祝いしてもよいでしょう。

初誕生の贈り物

赤ちゃんの名付け、出産祝い、お宮参り、お食い初め

初誕生のお祝いの品には、特にこれといった決まりはありません。もし誕生祝に招待された場合は、子供のために役立つ品物(絵本、アルバム、洋服、おもちゃなど)や、現金などを贈ります。招待されなかった場合は、特に親しい人でない限りは、お祝いを贈らなくても失礼ではありません。

最近では銀のスプーンに子供の名前を入れて贈ることもあります。これは「バースディスプーン」というヨーロッパの習慣で、食べ物に困らない、生まれながらにして、財産を持っているなどという意味があります。将来子供がお金に困らず裕福な生活ができるようにとの願いが込められています。

贈り物の表書きは「祝初誕生」「御誕生祝福」「祝御成長」などと書きます。

初誕生の内祝い

初誕生のお祝いの品を頂いた場合は、特にお返しする必要はありませんが、誕生会に来てくださった人たちには、手土産程度の内祝いを用意しておきましょう。昔はこの場合の内祝いはお赤飯でしたが、今ではお菓子類が多くなっています。

また、子供のことでお世話になっている方々へ、日ごろの感謝を表わすよい機会なので、招かなくても、お祝いを頂かなくても、内祝いを贈る場合があります。

表書きは「内祝」で、子供の名前を書きます。

スポンサードリンク